2007年

皇太子徳仁、誕生日会見「天皇陛下の愛子に対するお気持ちを大切に受け止めて、これからも両陛下とお会いする機会を作っていきたい」(2.21)
美智子に腸壁からの出血の症状が確認される。金澤皇室医務主管「精神的な疲れが原因、雑誌などの報道が影響」(3.6)
羽毛田宮内庁長官定例会見。「(皇后の病気は)週刊誌の記事そのものというより、その元にある皇室をめぐるいろいろな課題もあり、両陛下は心を痛めておられるのではないか」(3.8)
秋篠宮文仁、タイ訪問(3.14〜23)会議出席・調査・名誉学位授与式 文部科学省教科書検定で、2008年度の高校日本史教科書から沖縄戦「集団自決(強制による集団死)」の記述で日本軍による命令・強制・誘導等の表現を削除・修正させた(3.20)
徳仁の十二指腸にポリープを発見と発表(3.30)
皇居内吹上御苑を初めて一般公開(5.4)
明仁・美智子、スウェーデン・エストニア・ラトビア・リトアニア・イギリス訪問(5.21〜30) 「改憲手続き法」(国民投票法)成立(5.14)
徳仁、十二指腸にポリープ切除手術のため東大病院に入院(6.5〜12) 「教育改革関連3法」成立(6.20)
川島裕、侍従長に就任(6.15)
明仁・美智子「第ダイ58回カイ全国植樹祭ゼンコク」出席シュッセキ(北海道苫小牧市、6.24)
徳仁、モンゴル訪問(7.10〜17)
明仁・美智子、新潟・中越沖地震被災地「お見舞い」(8.8)
文仁・眞子マダガスカル訪問(8.13〜25)
福田康夫、首相就任(9.26)
明仁アキヒト・美智子ミチコ「第ダイ63回カイ国民体育大会秋季大会開会式コクミン」出席シュッセキ(大分オオイタ、9.27) 宜野湾で開かれた「教科書検定意見撤回を求める県民大会」に11万人が参加(9.29)
美智子、誕生日に当たり宮内記者会の質問に文書で回答。「せっかく快方に向かっていると思われる今は、ただ、妃の快復を祈り、見守り支えていきたい」(10.20)
明仁・美智子「第27回全国ゆたかな海づくり大会」出席シュッセキ(滋賀県大津市、11.11)。明仁、「おことば」で、琵琶湖で外来魚ブルーギルが増加していることにふれて「自己批判」
雅子の病気に関する東宮職医師団の見解。「依然として体調には波があるものの、公私を問わず活動に広がりが出てきた」(12.9)
明仁、誕生日会見。「社会格差の問題については、格差が少ない方が望ましいことですが、自由競争によりある程度の格差が出ることは避けられないとしても、その場合、健康の面などで弱い立場にある人々が取り残されてしまうことなく社会に参加していく環境をつくることが大切です。また、心の中に人に対する差別感を持つことがないような教育が行われることが必要と思います」(12.20) 沖縄戦「集団自決」記述をめぐり、教科書会社6社からの訂正申請を文部科学省が承認(12.26)
宮内庁、ホームページに「皇室関連報道について」と題したページを新設(12.27)

コメントは受け付けていません。