メインメニュー


最新ニュースブロック
投稿者: daikos 投稿日時: 2006-12-8 23:38:33 (1802 ヒット)

"DANCE"36号(通巻268号)2006.12.5発行
扉(北)
主張:「美しい国」の皇室劇場を正しく観よう(梶川彩)
貝原浩志のあの時・この時:「朕を長野に連れてって 1990.10」
状況へ:安倍政権の危険な体質を露呈させた対NHK「放送命令」(山口正紀)
反天ジャーナル:「いじめ撲滅ファシズム」(たけもりまき)
        大量アクセスの正体(岡田健一郎)
        「差異」や「対立」と……(友丘千哉)
反天運動月報第68】大嘘と隠蔽と暴力——安倍政権の政治的性格(天野恵一)
野次馬日誌:11月3日〜11月30日
紹介●『「信教の自由「政教分離」そこが知りたいQ&A』〈高橋寿臣)
集会の「眞相」:一四〇人が集まって福富さんの米寿を祝う(ねこまた)/「お世継ぎ」いらない!2006/スピーチ・うた・パフォーマンス(nomad)

●定期購読をお願いします!(送料共年間4000円)
●mail: hanten@ten-no.net
●郵便振替00140-4-131988落合ボックス事務局


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-12-8 23:09:04 (1820 ヒット)

■新たなファシズムか!?——安倍政権下のナショナリズム
▽日時:12月23日(土)午後1時半開場
▽場所:渋谷勤労福祉会館第一洋室
■発言:武藤一羊(ピープルズ・プラン研究所)
    山口素明(靖国解体企画)
    井上森(昭和天皇記念館廃館準備委員会)
    天野恵一(反天皇制運動連絡会)
▽主催:反天皇制運動連絡会(03-3368-3110)
■呼びかけは「続き」をクリック


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-11-26 21:35:41 (1741 ヒット)

"DANCE"35号(通巻267号)2006.11.7発行
扉(nomad)
主張:安倍の政治と美智子の政治、どちらも「否!」だ(水島たかし)
貝原浩志のあの時・この時:「1989 安保も天皇制もいらない!6月共同行動」
状況へ:北朝鮮の核実験のただ中での安倍訪中・訪韓(白川真澄)
【ネットワーク】●NHK裁判判決を前にして(東海林路得子)
反天ジャーナル:字幕スーパーにゾッとした話(岡田剛士)
        「コッソリ天皇ご来観」(井上森)
        近未来の皇室(首藤久美子)
【日本から少しはずれて7】孤絶のなかの自立空間(藤井たけし)
【反天運動月報第67】北朝鮮〈絶対悪〉・天皇制〈絶対善〉——裏表の構造をまるごと拒否しよう(天野恵一)
野次馬日誌:10月5日〜11月2日
天皇家のヒトビト(R)
集会の「眞相」:12キロを楽しく歩いた無罪大行進(大西一平)/10・29佐賀海づくり大会反対集会とデモ(松永義朗)

●定期購読をお願いします!(送料共年間4000円)
●mail: hanten@ten-no.net
●郵便振替00140-4-131988落合ボックス事務局


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-10-13 23:59:49 (1816 ヒット)

"DANCE"34号(通巻266号)2006.10.10発行
扉(玉子)
主張:ヒサヒト誕生・やっぱり天皇制はいらない(北野誉)
貝原浩志のあの時・この時「跳ね返せ【天皇弾圧】 1989」
状況へ:「次男」のフツウの執念(四津谷薫)
紹介●反天連パンフレット『スポーツという天皇儀礼—国民体育大会はもういらない』〈梶川凉子)
反天ジャーナル:いくつもの「家族」(さっちゃん)
        「国民」を「保護」するって!?(ねこまた)
        メディアの落とし物(綾瀬川)
【ネットワーク】●「お世継ぎ」いらない!2006、行動中!(近藤和子)
反天運動月報第66】政治的に組織された〈皇室スキャンダル〉のゴール——紀子の「男子」出産をめぐって(天野恵一)
野次馬日誌:8月31日〜10月4日
集会の「眞相」:憲法20条が危ない!緊急全国集会から(千葉宣義)/もういらん!兵庫国体(土方克彦)/第36回反天皇制運動全国交流合宿決議(参加者一同)

●定期購読をお願いします!(送料共年間4000円)
●mail: hanten@ten-no.net
●郵便振替00140-4-131988落合ボックス事務局


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-10-9 17:00:26 (2174 ヒット)

反天連パンフレット
『スポーツという天皇儀礼——国民体育大会はもういらない』
——久々に反天連パンフを発行しました。力作です!
 
●「天皇制国家儀礼としての国民体育大会」(水島たかし)
●「明治初年から明治神宮体育大会まで」(梶川凉子)
●「八百長づけの政治ショー」(天野恵一)
●「国体をめぐる経済」(大久保祐造)
●「動員システムとしての国体」(北野誉)
●「資料」(梶川彩)

500円! さぁ、スポーツの秋だ!お勉強の秋だ!
どうぞお買い求めくださいまし。
送料:150円、5部以上をお求めの方は送料無料です。
●mail: hanten@ten-no.net
●郵便振替00140-4-131988落合ボックス事務局


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-9-10 19:55:00 (1991 ヒット)

"DANCE"33号(通巻265号)2006.9.5発行
扉(だいこ)
主張:課題は山積みだけど、反天皇制を掲げ、ともに!(中嶋啓明)
貝原浩志のあの時・この時:「ショーは終わっテンノー」
状況へ:ふたたび破滅への道を担わされる日本の教育——教育基本法「改正」(安川寿之輔)
書評●浅野健一著『戦争報道の犯罪』〈社会評論社〉(成澤宗男)
反天ジャーナル:八月一五日、天皇記念館(宗像充)
        「ココロ」という問題(京極紀子)
        アホの参拝に靖国で抗議する(山口素明)
【反天運動月報第65】デモ襲撃と放火——「云うまでもない嘘」をめぐって(天野恵一)
【日本から少しはずれて6】〈怪物〉のまなざし(藤井たけし)
野次馬日誌:8月3日〜8月30日
天皇家のヒトビト(玉子)
集会の「眞相」:「平和の灯を!ヤスクニの闇え——キャンドル行動」異聞(辻子実)/8・15靖国行動報告(八木航=松本市)/小泉は靖国に行くな!国家による「慰霊・追悼」反対!8・15集会とデモ(大子)

●定期購読をお願いします!(送料共年間4000円)
●mail: hanten@ten-no.net
●郵便振替00140-4-131988落合ボックス事務局


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-8-19 20:52:38 (2209 ヒット)

季刊『運動〈経験〉』No. 18 を発行しました(2006.8.15)

【象徴天皇制の現在】
■「祈る」天皇制——「ヒロヒト発言」・「慰霊・追悼」・ミチコ「御歌碑」
  (北野誉)

【特集】靖国神社の戦争・戦後責任・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●対談「天皇の神社の戦争責任」——超A級戦犯天皇と「靖国」
    辻子実×天野恵一
●ヤスクニ嫌いだ・ブックレビュー(辻子実)
●「皇国史観の靖国神社と企業メディア」——神道イデオロギーの危険性を見抜  こう(浅野健一)
●「昭和天皇記念館」と昭和天皇研究の現状(吉田裕)
●インタビュー「左翼ナショナリズム」をめぐって——砂川闘争・靖国神社内の  平和集会(吉川勇一/聞き手:天野恵一、水島たかし)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■天皇・皇族の人権享有主体性に関する憲法学説のその後の動向(山下幸夫)
【集会の記録】
「皇室典範改正」ではなくて天皇制廃止を——2.11反「紀元節」集会
  ●きどのりこ+鵜飼哲
「昭和」と天皇制の歴史的責任を問う——4.29「みどりの日」反対集会の記録
  ●鈴木裕子+酒井隆史
【資料】ナルヒト発言以降の主な記事(7)
【コラム】
■「本」を読む 『慰霊と招魂——靖国の思想』(水島たかし)
■「映画」を読む 表現する動物たちのこと、再び——『RENT/レント』(水  垣奈津子)
■「雑誌」を読む 「対テロ戦争」をリアルにとらえるために(池田五律)

編集:反天皇制運動連絡会/発行:軌跡社/発売:社会評論社/1200円+税
*書店でもお買い求めいただけます。送料込みで発送もいたします。


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-8-19 20:39:31 (1746 ヒット)

"DANCE"32号(通巻264号)2006.8.8発行
扉(高橋寿臣)
主張:靖国参拝はヒロヒトや小泉の「心」の問題ではない
   ——8.15集会とデモへ!(桜井大子)
貝原浩志のあの時・この時「1988 『Xデー』がこないカレンダー」
状況へ:沖縄から——反ヤスクニの闘い(西尾市郎)
【声明】民衆の不幸(地震災害)に便乗する皇室政治に抗議する——美智子の「御歌碑(みうたひ)建立」をやめよ!(反天皇制運動連絡会)/A級戦犯のボス・ヒロヒトの「A級戦犯」非難を嗤う(小泉は靖国にいくな! 国家による「慰霊・追悼」反対! 8.15集会実行委員会)
反天ジャーナル:皇族の〈自己決定〉とは?(友丘千哉)
        「愛のかたち、それぞれ」(反天劇場制作委員会)
        ヒロヒト・コード(たかし)
【ネットワーク】●反弾圧「迷惑をかけるヤツらの集会とデモ」(平和をあきらめない人々のネットワーク福岡/小野俊彦)
【日本から少しはずれて5】ある頽廃(藤井たけし)
【反天運動月報第64】政治的ご都合主義イデオロギー批判——「富田メモ=天皇発言」をめぐって対立する天皇主義両グループに共通するもの(天野恵一)
野次馬日誌:6月30日〜8月2日
集会の「眞相」:「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」の新たな闘い(木村雅夫)/米・航空機産業の実態——輸出拡大のためには賄賂も(田守順子)/浜松で「改憲を問う・女性と天皇制」集会を開催(竹内)

●定期購読をお願いします!(送料共年間4000円)
●mail: hanten@ten-no.net
●郵便振替00140-4-131988落合ボックス事務局


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-8-16 22:47:39 (1896 ヒット)

【緊急声明】小泉首相の靖国神社参拝に抗議する!
 本日の早朝に「参拝する」と公言した小泉首相は、午前7時40分、ついに実行してしまった。二礼二拍一礼の神道形式ではなかったものの、公用車を使い、本殿に一礼し、モーニング姿で昇殿参拝。「内閣総理大臣・小泉純一郎」と記帳し、私費で献花料3万円を納めるというスタイル。総裁選の票欲しさに掲げた5年前の「公約」をはたすため15日参拝に踏み切ったのである。
 なんと小泉は憲法の政教分離の原則を公然と踏みにじるこの行為を、憲法の「思想及び良心の自由は侵してはならない」という思想にそくした「心の問題」だと正当化し続けている。この植民地支配と侵略戦争を美化している「侵略神社」に首相が参拝するという行為が、どういう社会的・政治的意味を持つのかという点にまったくふれずに、自分の「心」は自由だなどという心情的論理で正当化できるわけがない。植民地支配や侵略戦争の最高責任者昭和天皇ヒロヒトの「A級戦犯」が靖国神社に合祀されているかぎりは行かないなどという嗤うべき「心」を小泉首相が踏みにじることに、私たちは何の怒りをも感じない。しかし、日本に植民地支配され侵略された国々の人民の「心」を踏みにじる事は断じて許されない。そして国(天皇)によって強制的に戦争に動員された戦死者たちの家族や友人たちがかかえる、国家によって死が積極的に意味づけされ追悼されるのはゴメンだという「心」を踏みにじるのも、また許されない。
 そういう立場から、私たちは小泉首相の靖国参拝・千鳥が淵戦没者墓苑での献花、そして全国戦没者追悼式への出席にまとめて抗議する!
 平和の名目で死者を戦争国家づくりのために政治利用する、いっさいの国家のセレモニーをやめよ!

2006年8月15日
反天皇制運動連絡会


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-7-30 1:47:29 (1931 ヒット)

8.15集会実行委員会が出した「緊急声明」です

【緊急声明】A級戦犯のボス・ヒロヒトの「A級戦犯」非難を嗤う

 七月二〇日、「昭和天皇」ヒロヒトが靖国神社の「A級戦犯合祀」に不快感を表明していたという元宮内庁長官富田朝彦のメモの存在が明らかにされ、マスコミは大騒ぎである。小泉首相の靖国神社参拝路線を後押ししていた「靖国派」は天皇の不正確な意思と首相の靖国参拝を結びつけるな、天皇の政治利用反対と、ご都合主義的に論じ、八月一五日に首相は堂々と参拝すべしと強弁している。
 私たちは首相の侵略戦争を正当化している靖国神社参拝には断固反対である。
 しかし、このメモが公開されてから、さらに加速される「A級戦犯分祀」論(靖国の宗教性をうすめ国家護持にせよ)、あるいは新たな無宗教の国立追悼施設をつくれ、千鳥ヶ淵戦没者墓苑を拡充せという主張にも、私たちはまったく賛成できない。これらの案は、首相や天皇が外国や国内から非難の声をあびずに参拝に行ける場所をつくろうという路線である。
 この間、「A級戦犯」が嫌いな「平和天皇」ヒロヒトキャンペーンがマスコミをあげて展開されている。しかし、考えてもみよ、あの侵略戦争と植民地支配の最高責任者は当時天皇であったヒロヒトだったことは、あまりにも明白な事実ではないか。占領政策に天皇制を使うことを決めていたGHQ(アメリカ)と「国体」(天皇制)護持を目指した日本政府の支配者たちが組んで天皇を「戦犯」にしなかっただけでなく、東京裁判へ証人として出席させることもしなかった。とはいえ、事実上ヒロヒトはA級戦犯のボスだったはずである。そのヒロヒトが自分の罪をもかぶって死刑となった「A級戦犯」たちを非難するなどという欺瞞的な言葉をどうして積極的に評価できよう。
 私たちは、国家(天皇)が戦場にかりだし殺した人々を賛美し、それを意味づけることによって、さらに人々を戦争に動員するという、くりかえされてきた政治(国家のセレモニー)そのものに反対する。
 死者の政治利用をやめよ。
 ゆえに、私たちは首相のみならず、ヒロヒトを賛美しその地位を継承したアキヒト天皇が参列し、毎年くりかえされる「全国戦没者追悼式」にも抗議の声をあげる。
 
 A級戦犯のボス・ヒロヒトを平和主義者という、あらゆるマスコミのキャンペーン、政府の式典(追悼施設づくり)、首相の靖国の参拝に反対しぬこう。
 
                         二〇〇六年七月二七日
小泉は靖国にいくな! 国家による「慰霊・追悼」反対! 8.15集会実行委員会


*同実行委員会は、首都圏で8月15日に向けて集会とデモを準備し、参加を呼びかけています。一緒に声をあげましょ!


« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 12 »



License Information | Privacy Policy | Faq | Contact


Powered by XOOPS 2.0 c 2001-2003 The XOOPS Project  |  Design by SevenDays Design