メインメニュー


最新ニュースブロック
投稿者: daikos 投稿日時: 2006-8-16 22:47:39 (1896 ヒット)

【緊急声明】小泉首相の靖国神社参拝に抗議する!
 本日の早朝に「参拝する」と公言した小泉首相は、午前7時40分、ついに実行してしまった。二礼二拍一礼の神道形式ではなかったものの、公用車を使い、本殿に一礼し、モーニング姿で昇殿参拝。「内閣総理大臣・小泉純一郎」と記帳し、私費で献花料3万円を納めるというスタイル。総裁選の票欲しさに掲げた5年前の「公約」をはたすため15日参拝に踏み切ったのである。
 なんと小泉は憲法の政教分離の原則を公然と踏みにじるこの行為を、憲法の「思想及び良心の自由は侵してはならない」という思想にそくした「心の問題」だと正当化し続けている。この植民地支配と侵略戦争を美化している「侵略神社」に首相が参拝するという行為が、どういう社会的・政治的意味を持つのかという点にまったくふれずに、自分の「心」は自由だなどという心情的論理で正当化できるわけがない。植民地支配や侵略戦争の最高責任者昭和天皇ヒロヒトの「A級戦犯」が靖国神社に合祀されているかぎりは行かないなどという嗤うべき「心」を小泉首相が踏みにじることに、私たちは何の怒りをも感じない。しかし、日本に植民地支配され侵略された国々の人民の「心」を踏みにじる事は断じて許されない。そして国(天皇)によって強制的に戦争に動員された戦死者たちの家族や友人たちがかかえる、国家によって死が積極的に意味づけされ追悼されるのはゴメンだという「心」を踏みにじるのも、また許されない。
 そういう立場から、私たちは小泉首相の靖国参拝・千鳥が淵戦没者墓苑での献花、そして全国戦没者追悼式への出席にまとめて抗議する!
 平和の名目で死者を戦争国家づくりのために政治利用する、いっさいの国家のセレモニーをやめよ!

2006年8月15日
反天皇制運動連絡会


投稿者: daikos 投稿日時: 2006-7-30 1:47:29 (1931 ヒット)

8.15集会実行委員会が出した「緊急声明」です

【緊急声明】A級戦犯のボス・ヒロヒトの「A級戦犯」非難を嗤う

 七月二〇日、「昭和天皇」ヒロヒトが靖国神社の「A級戦犯合祀」に不快感を表明していたという元宮内庁長官富田朝彦のメモの存在が明らかにされ、マスコミは大騒ぎである。小泉首相の靖国神社参拝路線を後押ししていた「靖国派」は天皇の不正確な意思と首相の靖国参拝を結びつけるな、天皇の政治利用反対と、ご都合主義的に論じ、八月一五日に首相は堂々と参拝すべしと強弁している。
 私たちは首相の侵略戦争を正当化している靖国神社参拝には断固反対である。
 しかし、このメモが公開されてから、さらに加速される「A級戦犯分祀」論(靖国の宗教性をうすめ国家護持にせよ)、あるいは新たな無宗教の国立追悼施設をつくれ、千鳥ヶ淵戦没者墓苑を拡充せという主張にも、私たちはまったく賛成できない。これらの案は、首相や天皇が外国や国内から非難の声をあびずに参拝に行ける場所をつくろうという路線である。
 この間、「A級戦犯」が嫌いな「平和天皇」ヒロヒトキャンペーンがマスコミをあげて展開されている。しかし、考えてもみよ、あの侵略戦争と植民地支配の最高責任者は当時天皇であったヒロヒトだったことは、あまりにも明白な事実ではないか。占領政策に天皇制を使うことを決めていたGHQ(アメリカ)と「国体」(天皇制)護持を目指した日本政府の支配者たちが組んで天皇を「戦犯」にしなかっただけでなく、東京裁判へ証人として出席させることもしなかった。とはいえ、事実上ヒロヒトはA級戦犯のボスだったはずである。そのヒロヒトが自分の罪をもかぶって死刑となった「A級戦犯」たちを非難するなどという欺瞞的な言葉をどうして積極的に評価できよう。
 私たちは、国家(天皇)が戦場にかりだし殺した人々を賛美し、それを意味づけることによって、さらに人々を戦争に動員するという、くりかえされてきた政治(国家のセレモニー)そのものに反対する。
 死者の政治利用をやめよ。
 ゆえに、私たちは首相のみならず、ヒロヒトを賛美しその地位を継承したアキヒト天皇が参列し、毎年くりかえされる「全国戦没者追悼式」にも抗議の声をあげる。
 
 A級戦犯のボス・ヒロヒトを平和主義者という、あらゆるマスコミのキャンペーン、政府の式典(追悼施設づくり)、首相の靖国の参拝に反対しぬこう。
 
                         二〇〇六年七月二七日
小泉は靖国にいくな! 国家による「慰霊・追悼」反対! 8.15集会実行委員会


*同実行委員会は、首都圏で8月15日に向けて集会とデモを準備し、参加を呼びかけています。一緒に声をあげましょ!


投稿者: nomad 投稿日時: 2005-10-18 17:06:46 (2140 ヒット)

 10月17日午前、靖国神社秋季例大祭初日のこの日に、首相・小泉は内外の強い反対の声を無視して、5年連続5回目の靖国神社参拝を強行した。私たちは、今年もまた繰り返されたこの首相の靖国参拝にたいして、強い怒りをもって、抗議の意志を表明する。

 靖国神社とは、そもそもどのような施設であるのか。それはかつて、国家神道体制の中核に位置づけられ、天皇のための死者、侵略戦争の死者を「貴い犠牲」=「英霊」として祀り、その死者と戦争を賛美することを通じて、さらに人びとを戦場に狩り出していくための装置として存在した。戦後も靖国神社は、たとえば遊就館の展示内容に端的に示されているように、アジア・太平洋戦争における日本の侵略を正当化し、正義の戦争と主張して恥じない神社である。その意味で、靖国神社へのA級戦犯合祀問題は、靖国の存在そのものが必然的にもたらしたものである。首相である小泉が靖国神社に参拝するということは、いかなる言辞を弄しようとも、こうした靖国の歴史認識を小泉もまた共有することの宣言にほかならない。


投稿者: nomad 投稿日時: 2004-1-4 14:00:00 (5074 ヒット)

Protest Against New Year Worship before Yasukuni Jinja(Shrine) by Koizumi under Despaching Japanese Troops to Iraq !

Prime Minister Koizumi performed first-visit-in-the-year-to-a-shrine" worship on January 1 (New Year's Day), 2004. He had committed himself to worship to Yasukuni Jinja in the Liberal Democratic Party presidential election in April, last year. He has been to worship at Yasukuni 4 times since he became a prime minister.


投稿者: nomad 投稿日時: 2004-1-2 7:20:00 (2765 ヒット)

 2004年1月1日(元旦)、昨年の4月の自民党総裁選で靖国神社への参拝を公約していた小泉首相は「初詣」参拝を実行した。首相になって毎年連続4回目の参拝である。





License Information | Privacy Policy | Faq | Contact


Powered by XOOPS 2.0 c 2001-2003 The XOOPS Project  |  Design by SevenDays Design